Markup 桜ういろうログ: 7月 2019

2019年7月11日木曜日

【杉田水脈】応援演説で問題発言連発、自民も敵に?!

 自由民主党の杉田水脈衆院議員(比例中国ブロック)が、参院選の応援で各地を走り回っているようです。スケジュールは一般公開されていないため、全国の杉田ウオッチャーが悶々とした日々を送っていました。
そんな中、ツイッターに杉田氏の応援演説をアップしてくれた方がいたのです。
映像を再生すると杉田氏の口からは、信じられない言葉が出るわ出るわ・・・
有権者を敵に回したり、被災地復興を人質に取るような発言をするなどドライブ感抜群。
ただ、なんの圧力があったのか、その映像は理由もなく削除されてしまいました。
せっかくなので、サルベージできた一部の映像とスクリーンショットから当時の様子を振り返ってみます。(写真、映像はツイッターから引用)


▽自民党議員16人を無能扱い

杉田氏は10日、自民党候補を応援しようと大阪市阿倍野区の近鉄阿部野橋駅前に駆けつけました。ネイティブの関西弁でまずは聴衆のハートをつかもうとしますが、いきなり、ずっこけます(笑)
「 ただ今紹介いただきました衆議院議員の杉田水脈です。私、いつもこの天王寺ミオの前で演説するとテンション上がるんです・・・杉田ミオなんで。あんまりウケなかったですね、ムッチャウケなかったですね」(削除済みの映像から)
ちなみに「天王寺ミオ」とはJR天王寺駅の駅ビルのことで、当然ながら杉田水脈氏とは全くの関係ありません。
杉田氏は、スベったことを挽回しようとしたのか、2018年6月18日の最大震度6弱を記録した大阪北部地震や豪雨災害に話題を移します。
そして、被災地復興はもっとスピーディーにできたのではないかと聴衆に問いかけるのです。
さて、そこからが問題です。
復興が進まない理由について、杉田氏は「国とのパイプがないのが大阪の弱点なんです」と言い放ってしまったのです。


「大阪のみなさんも聞いてください。なかなかできないこと、震災復興の話もあります。もっとスピーディーにできたはずなんです、大阪は。やっぱり国とのパイプがどうしてもないということが今、大阪の弱点になっています。そこをしっかり考えて、1枚目の投票用紙には太田房江とお書き下さい」(映像から)

しかし、ですよ・・・大阪府には自民党の国会議員が大勢おられます(執筆時点)。
自民党のホームページを確認すると、衆院議員が14人、参院議員が2人の計16人もいらっしゃいます。

これだけの数の議員たちが大阪から国会に送り込まれているにも関わらず、杉田氏は「国とのパイプがない」と決めつけ、パイプがないから復興はスピーディーにできなかったという謎理論を展開してしまいます。これだけ多数いながら「国のパイプがない」と一刀両断される自民党の国会議員の方々ってそこまで無能なのでしょうか。
 また、それぞれの議員の先生方の向こうには投票した有権者がおります。その有権者をも愚弄する発言と言わざるを得ません。

▽古巣の維新をdisるわdisるわ

これで終わらないのが杉田水脈センセイです。
 批判の矛先は、自民党よりも地元で人気のある「日本維新の会」へと向かうのです。



「大阪だけに人気のある政党」とは、言うまでも無く「維新」のことです。
丸山穂高衆院議員(同党を除名済み)が今年5月、北方領土をビザなし訪問した際に、訪問団長に対して暴言を吐いた問題を槍玉に挙げ「外交なんか絶対にできない」と舌鋒鋭く批判しました。
ロシア大使に謝ったのは大阪市長の松井一郎党代表ですから、松井氏もケチョンケチョンに批判されたことになります。
 杉田氏は自民党の「外交部会副会長」に就任しているので、外交のスペシャリストのつもりなのでしょう。
相当強気になっている様子がうかがえます。
杉田氏の演説は熱を帯びます。以下、映像と文字起こしも掲載します。

「昨年は大阪いろいろありました。北部の方では地震があり、ここ南部の方では豪雨災害に見舞われまして、関空も大変なことになりました。私南海電車でずっと乗っていくと、豪雨から何か月もたって秋になっても冬になってもまだブルーシートがかかっているおうちが沢山あって、それを見たとき本当にビックリしたんです。 みなさん、ここ大阪ではですねえ、どうしてもここ大阪だけ強い政党があるんでね。「私そこに入れたわ」という方もいらっしゃるかもしれないですが、やっぱり国とのパイプがないと復旧復興のスピードはなかなか上がっていかないんです。この話ね、他の都道府県でやるとみなさん「あー、そやそや」と手をたたいてくれるんですけど、ちょっと大阪は分かりにくいかもしれません。大阪だけねじれが起こっていますんでね」(映像から)
杉田氏は同じ国民であっても、与党政治家が地元にいるかどうかで復旧復興のスピードを変えるのが自民党政権だということを強調したいようです。
  さて、このトンデモ発言に「杉田っていう嘘つき」と驚き呆れたのは松井一郎代表です。
杉田氏の1期目は維新の会で比例復活当選し、その後自民党に移ったため維新は「古巣」です。
松井氏のほか、橋下徹氏らも応援演説に駆けつけ、何とか当選にこぎ着けたことを思い出したのでしょう。「一度でも一生懸命応援した自分の馬鹿さ加減に呆れている」「人を見る目が・・・馬鹿です」と落ち込んだ様子。
 この問題には吉村洋文大阪府知事も一言。
杉田氏の発言に対し「震災にかけて、こんなことを堂々と言う国会議員のセンセイ」と批判しています。
自民党に移籍後に杉田氏があちこちで維新を批判しているとして、橋下氏が杉田氏を「ザ・ポンコツ」と非難していました。杉田氏は「維新や橋下氏に対して悪口は言っていない」と反論していたのですが、今回のこの剣幕を見ると、やっぱり悪口を言っていたのでないかと思わざるを得ません。

▽復旧の遅れの原因は人手不足

そもそも杉田氏の主張するように、大阪は国にパイプがないから災害からの復旧復興がスピーディーに進まないのでしょうか。与党政治家がこのような発言をすること自体が憲法違反とさえ言えるのではないでしょうか。
 大阪の復興が遅れている原因については、NHKの「クローズアップ現代 復旧できない… 災害多発時代 あの被災地は今」(18年11月27日放送) 
に詳しくまとめられています。
 まず、毎年のように全国各地で災害が起きているため、復旧復興の作業を行う職人の絶対量が不足しているという現実があります。NHKによると過去5年間で、国が激甚災害に指定した被災地のある道府県で、その数は29に上るといいます。屋根の工事でさえ数年待ちというエピソードも紹介されています。
 さらに、国の被災者生活再建支援制度の対象は、全壊か半壊の住宅が対象で、屋根瓦が落ちるなどの一部損壊については対象外です(図はNHKのHPから)。ブルーシートで覆われた屋根の修繕は自腹となります。これは個人の私有物に、税金をどれだけ投入するのかという問題を抱えており、自民党の判断で大阪だけ大盤振る舞いすれば解決するような簡単な話ではありません。

 こうした複雑な問題を杉田氏はどのように解決する計画があるのでしょうか?「自民党候補に投票すれば復興が早くなる」と無責任な発言を繰り返すだけではなく、人材不足をどのように「大阪だけ」解決するのか、一部損壊の住宅への血税投入を「大阪だけ」許すのか教えてほしいものです。
 そもそも被災者生活支援制度自体は阪神大震災がきっかけで誕生しました。ここで大きな役割を果たしたのが、震災で被災した作家の小田実氏です。小田氏はベトナム反戦運動「ベ平連」での活躍で知られ、左翼系論客として知られていた人物です。小田氏は与野党の政治家と粘り強く交渉し、議員立法による法成立を後押ししました。
 このように災害対応に与野党を区別することに意味はなく、今そこで困っている被災者を助けたいという、国民一体の思いこそが行政を動かすのです。「国とのパイプの有無」で置き去りにされる被災者がいるなら、そんな日本にしてしまった政治家自らが反省すべきことなのです。「票を入れたら助けるよ」「助かりたいなら自民党へ投票を」という露骨な利益誘導をする国会議員を減らすことが、日本をよくすることにつながります。
 憲法15条2項は、「公務員はすべて国民全体の奉仕者であって一部の奉仕者ではない」と定めています。投票を前提に一部に奉仕することを主張する杉田氏は憲法にも反していると考えられます。

▽会いに行けない杉田水脈

このように、自民党支持者はもちろん維新の会の支持者まで敵に回す離れ業を演じた杉田水脈氏の応援演説をぜひ聞きに行き、スリリングな時を楽しみたいという方々もいると思います。
 しかし、大変残念なことに杉田氏は日程を一般には公開しないと発表してしまいました。どうやら演説を妨害されることを懸念したようです。杉田氏の応援演説に遭遇する幸運に恵まれた方がいらっしゃいましたら、スマホでも構いません。ぜひ映像をネットに上げて有権者で共有し、語り合いましょう。

2019年7月8日月曜日

【百田尚樹】デュープスという言葉を流行させようとして大失敗に終わる

ベストセラー作家の百田尚樹氏が7月7日、ツイッターで奇妙な呼びかけを始めました。
なんでも「皆さんがデュープスと挙げてくださる有名人の、デュープスとなる証拠の言動を教えてくれませんか」というものです。
「デュープス」なる見慣れない言葉・・・。
百田氏なりには次のように人を馬鹿にする意味を持つそうです。
なぜこんなことを言い始めたのでしょうか。

▽レッテル貼りの道具に

目新しい言葉で共産主義的指向を持つ人々にレッテルを貼り、嘲笑の対象にしようという魂胆が透けて見えます。
 今回の百田氏はこの対象を著名人に広げることで、左派の言論を無力化し、彼らの影響力を低下させようとするのが目的とみられます。
 もっとも、こうした表現は昔からあり、「あいつはアカだ」とか「あいつはヒダリマキだ」といった表現を言い換えただけに過ぎません。
 ただ百田さんは「デュープス」という新語に、それなりの拡散力があると踏んだのでしょう。
 なぜか前のめりに流行させようとしているのです。
百田氏の狙い通り、フォロワーからは次々と以下のようなリプが寄せられます。


目論見通りかどうか、ネトウヨさんによる「在日認定」のような様相を呈してきています。
根拠は明示されていないものもあるのでよく分かりませんが、単にリベラル系の主張をした人が対象のようです。

▽百田氏自身がデュープス?

ところで、ここで一般的辞書で「Dupes」の意味を調べると驚くべきことが判明するのです。
 日本の英和辞書のスタンダード『ジーニアス英和辞典』(大修館)にはdupeは次のような説明があります。
可算名詞で①だまされやすい人、ぼんやり者、間抜け②(人・権力などの)手先、お先棒
百田氏の説明とは正反対であることに気付きます。
 左派言論人は現政権を信じるのではなく批判したり、問題点を指摘したりします。
ましてや「権力の手先」という意味では完全に的外れなレッテル貼りです。

 ここで思い出したいのは「デュープスの著名人は誰だ」と呼びかけた百田尚樹氏が、辞書的な意味でデュープスそのものの行動をとってきたことです。

 百田氏は昨年幻冬舎から出版された『日本国紀』で、ネットのデマである「マッカーサー神社」を本当に計画されたものと信じ込み、発起人に朝日新聞社長がいたと批判的に記述しています。
 しかし、真実は「マッカーサー記念館」を揶揄した表現が一人歩きしただけで、神社ではありませんでした。 この経緯は論壇ネットの記事が詳しいです。
  しかも発起人には秩父宮両殿下も名を連ねており、間接的であれ皇室を貶める不敬な内容だったことは、これまで多くの人々が指摘してきた通りです。

 深く事実を確認することもなく、ネット情報に飛びついて大恥をかく。
 文字通り欺されやすいデュープスそのものの行動をしております。

▽一方的主張を信じ込んだ記念碑的作品が『殉愛』

ツイッターではこんな指摘もありました。
そう。
やしきたかじんさんの嫁さんの言い分だけを掲載し裁判沙汰になった『殉愛』のことです。


添付ファイルはこのように「信じ込んだ男」の戯れ言が記されています。



 百田氏の勇ましい言葉とは裏腹に、やしきさんの長女が虚偽記載で名誉を傷つけられたなどとして幻冬舎を訴えた裁判は2017年12月、幻冬舎の敗訴が確定。18年11月には東京地裁が元マネジャーの名誉毀損の訴えを認め、百田氏と幻冬舎に275万円の支払いを命じています。
 あれだけ事実だと公言していたのに、結局は虚偽記載であるという訴えを覆すには至っていません。つまり、司法が百田氏を「だまされやすい人」だと認定してしまったと言うことができます。
 そんな記念碑塔的作品が『殉愛』だったわけですね。


▽権力の手先

また「権力の手先」という辞書的意味でも、百田氏は間違いなくデュープスです。
 安倍政権に批判的な朝日新聞や野党を攻撃し、歩調を合わせるように韓国を口汚くののしってきました。以下のツイートは韓国の人たちや障害者の方々を貶める、日本人として本当に恥ずかしいツイートです。
昨年9月5日には自称ジャーナリストの有本香さんが安倍晋三首相にインタビューをした際にも、百田さんは出迎えて親しく言葉を交わしています。

ことし4月13日に新宿御苑で催された安倍首相主催の「桜を見る会」には百田氏、有本氏ら虎ノ門ファミリーが招待され、笑顔で交流した様子が報じられました(写真はANNニュース)

▽またしてもウィキペディア?

さて、そもそも百田氏はなぜデュープスの意味を、共産主義と結びつけて主張してしまったのでしょうか。
ネット検索すると、なんとウィキペディアの説明にそっくりではありませんか。

 まさか・・・これコピペしたなんてことありませんよね?
 『日本●紀』で散々懲りたと思っていたのに、何も学んでないわけないですよね?
ツイッターでは「デュープ百田」という何やらスナイパーのようなネーミングも生まれてしまいました。
 辞書に正反対の意味が記されている単語なのだから、一方的なレッテル貼りの言葉としては有効ではないように思えます。
 そもそも日本人なんだから普通に日本語を使えばいいのに。

2019年7月5日金曜日

【有本香・百田尚樹】靖国問題巡り橋下徹氏に論破される

靖国神社を今後どうするかを巡り、元大阪府知事の橋下徹氏と自称ジャーナリスト有本香氏がツイッター上で対立しているようです。そこにベストセラー作家の百田尚樹氏や足立康史衆院議員も参戦し、泥仕合の様相を呈す結果となりました。そもそも事の発端は何で、彼らは何を巡って対立しているのでしょうか。


▽最初に噛みついたのは・・・



そもそも発端は6月29日の有本香さんのツイートでした。
日本維新の会の浅田均参院議員(大阪)が、戦没者の追悼施設に関し「(靖国神社とは)別の形で造る必要がある」と主張したことに対し、有本氏はコピペ疑惑で知られる『日本国紀』を宣伝しながら「基本的知識がない」「安易な策」と噛みつきました。
これに反応したのは橋下氏です。首相が参拝できない現状があるとし、声高に靖国参拝を叫ぶ有本さんの姿勢に疑問を呈したのです。

続くツイートでは「何よりも重要なことは、とにかく天皇と首相が英霊を参拝すること」と強調し、手始めに各地に所在する「旧陸軍墓地」に眠る英霊に対応することが国の義務だと指摘しています。
その上で、橋下氏は「一宗教法人に国の英霊を祀ることを任せるのはおかしい」と批判して、次の4点を提案します。
①国家の英霊を祀る施設は国立にすべき
②A級戦犯を分祀すべき
③靖国神社を国立施設にする
④政教分離の例外とするための憲法改正をする
⑤旧陸軍墓地を国立追悼施設にする
そうすれば、天皇陛下と首相が参拝可能で、中国が難癖をつけてきても突っぱねられると訴えました。
こうした考えに至った理由について、橋下氏は以下のように説明します。
以前はネトウヨさんの主張そのものの無責任な主張が、政治経験を積む上で考えが変わったのだということのようです。
これに対し、自民党の長島昭久衆院議員が、東京裁判が戦犯とした判決を基準にするのではなく「満州事変以降の戦争指導者を全て霊璽簿から削除することを国会決議すればいい」というアイデアを提案しました。

▽さらに噛みつく有本香氏 

これに噛みついたのが、有本香氏です。
 何かに取り憑かれたような凄い剣幕です。
これに対し、橋下氏は政教分離を定めた憲法20条を改正すればいいと反論し、有本氏に対し「どれほど威勢のイイことを言い続けても、現実、首相も世界の指導者も靖国に花を捧げることがない」と説諭しました。

足立康史氏は、この辺りの議論はマイルドで、橋下氏の主張を追認する内容です。
百田尚樹氏も、口を挟み始めますが、橋下氏が東京裁判について「終戦の政治プロセスを裁判の形にしただけ」と極めてドライに説明します。

それでも百田氏は「国が神社を建立することになり、政教分離の観点からも難しい問題を孕む」しつこく食い下がり、橋下氏は「だから憲法改正」と反論します。これに対して百田氏は「全部対症療法」と批判しましたが、橋下氏は「主観的な評価」と取り合いません。

それでも諦めない百田氏。今度は「対症療法では中韓はますます内政干渉してくる」と根拠のない主張を始めたのですが、橋下氏は「ではどのような策が?」と聞き返し、百田氏の無責任な主張を自覚させようと畳みかけます。

▽無責任なコメンテーター?


無責任な発言を繰り返す百田氏に助け船を出そうとしたのか、有本氏も再び参戦したのですが、これが何と「無責任なコメンテーターの一人に徹する」という爆弾発言でした。橋下氏は呆れたように「それで、いつごろ天皇陛下が参拝される見通しでしょうか?」と問いかけます。

有本氏はこれに回答せず、「国内メディアと特定の外国が騒ぎ出し問題化させる前の環境に戻せばよい」と具体策を提示せずに感情論を披瀝したところ、橋下氏は「不可能」と断言します。これ、完全に呆れています。

そこで有本氏は論点をずらすことを思いついたようで「憲法20条の改正」は到底実現しないと否定します。橋下氏はすかさず、戦争に巻き込まれる懸念が少ない分憲法9条2項の改正よりも批判は少ないだろうとの見通しを示し、有本氏を論破します。
ここで、黙っていた百田氏が登場し「朝日新聞と中国と韓国が悪い」という門切り型の批判を展開します。これに対しても橋下氏は「A級戦犯の合祀が、もともと突っ込まれる要素」「結局、百田さんには策なし」と断定。結局、百田さんは「私はこの論争に疲れたから降ります」と白旗を揚げてしまいました(実際は、その後も「中国ガー」「韓国ガー」と騒ぎ続けます)。

▽壊れたレコード


そしてまた有本氏が現れ「元の静かな環境に戻すほかない」と壊れたレコードのように同じ話を蒸し返すと、橋下氏は限りなくオブラートに包んで「この〇ホが」という主旨の発言で言い返しました。
壊れたレコードは、白旗を揚げたはずの百田氏も同じ。しつこく同じ話を繰り返すと、橋下氏は「百田さんは中韓を無視して参拝しろとしか言わない」と、これまた分厚いオブラートに包んた「このア〇が!」との主旨の発言で反撃するのでした。

流石に百田氏も言い返します。当初、橋下氏がA級戦犯を分祀するとしていた主張に対し、「中国が『BもCも外せ』と要求してきたらどうするのか?」と鋭い反論を展開したのです。さすがにこれは橋下氏も痛いところを突かれたようで「長島昭久さんの考えが秀逸」とスルリと逃げてしまいました。
橋下氏もだんだん面倒くさくなってきたようで、有本さんが噛みついたことが発端だったことにして議論の収拾を図ろうと試みます。

議論はこの後も続くのですが力尽きたので、また更新します。

【杉田水脈】応援演説で問題発言連発、自民も敵に?!

 自由民主党の杉田水脈衆院議員(比例中国ブロック)が、参院選の応援で各地を走り回っているようです。スケジュールは一般公開されていないため、全国の杉田ウオッチャーが悶々とした日々を送っていました。 そんな中、ツイッターに杉田氏の応援演説をアップしてくれた方がいたのです。 映像を...