Markup 桜ういろうログ: 【杉田水脈】「悪口言ってない」橋下氏に徹底反論

2019年3月2日土曜日

【杉田水脈】「悪口言ってない」橋下氏に徹底反論

自民党の杉田水脈衆院議員(比例中国ブロック)に対し、前大阪市長の橋下徹氏が「ポンコツ」などと批判する動画の文字起こしをしました。
【杉田水脈】橋下徹氏が「ザ・ポンコツ」「生産性はないのはお前だ」と批判

しかし、これは一方的な意見なのかもしれません。実は杉田氏は2017年に橋下氏にツイッターで徹底的に反論しているのです。
不公平になるといけないので、杉田氏の言い分も紹介しておきます。


▽悪口言ったことない

杉田氏は「私が当選したのは橋下さんのおかげ、維新の風のおかげ」と維新に対する感謝を明確にしています。また「悪口、影口(ママ)も言ったことがありません」と、動画に出てくるような橋下氏の批判を否定し、「女子中学生の喧嘩みたいな低レベルの嘘」だと断定しています。

 続いて「証拠を出して下さい」「今まで証拠を出した人は皆無です」とたたみかけます。確かに証拠がないならデマと言われても仕方ありません。

さらに反論は続きます。「ツィッター(ママ)やfacebookをすべて見てください。私は一度も維新や橋下氏の悪口を発信したことはありません」。私も一通り拝見しましたが、その言葉の通り、現時点で確認できるSNS投稿からは確かに悪口らしき記述は見つかりませんでした。

▽当事者同士は話し合わず

本当に杉田氏が橋下氏や維新に悪口を言ったのか--。少なくともSNS上では確認できません。何が火元になって、どこに煙が流れていったのか。そもそも火元はあったのか。情報の伝達経路を見るとどうやらファーストコンタクトは松井一郎・大阪府知事から中田宏氏への電話連絡だったというのです。

 ここから分かることは、怒っている橋下氏と批判されている杉田氏とは直接話し合っていないということです。お互いに間に人を挟んでやり取りしているので、結局真偽がよく分からない結果となっているんですよね。まるで伝言ゲームですね。

▽「国士気取り」への反論は

橋下氏は杉田氏を「国士気取り」とこき下ろしていました。これについて杉田氏は以下のように説明しています。

杉田センセイの説明によると「維新に行けば慰安婦問題も自主憲法制定もできなくなると言われました」という理由で、不利になるのを承知で次世代の党を選んだのだということです。これを「国士気取り」と呼ぶかどうか分かりませんが、維新という政党で慰安婦問題や憲法改正を主張してはいけない政党だったんでしたっけ?

さらに、杉田氏は当時の様子を詳しく解説しています。


こうした杉田センセイの反論に対し、橋下氏は返答をしていないとみられます。

▽特撮愛?

お互いに平行線のままの橋下さんと杉田センセイ。ただ、杉田センセイは不思議なツイートも残しています。「嘘をはね返したいという思いがあったとはいえ、行き過ぎだったと反省しています」。潔白を証明しすぎたと言いたいのでしょうか。それとも他にも何かがあったのか。実に気になります。

さらに、なぜか正義の味方になって一連のツイートを締めくくっている杉田センセイ。特撮愛ですか・・・意味がよく分かりません。
これはもう、杉田センセイと橋下氏が二人で徹底討論してもらう他なさそうです。
「途中でわかりあえば許す」という展開になるのが理想的ですが「最後は正義が勝たないと嫌」な杉田センセイ。話は余計こじれそうな気がしないでもありませんね。

0 件のコメント:

コメントを投稿

【杉田水脈】応援演説で問題発言連発、自民も敵に?!

 自由民主党の杉田水脈衆院議員(比例中国ブロック)が、参院選の応援で各地を走り回っているようです。スケジュールは一般公開されていないため、全国の杉田ウオッチャーが悶々とした日々を送っていました。 そんな中、ツイッターに杉田氏の応援演説をアップしてくれた方がいたのです。 映像を...